【小児科医の想い】 子育ては何事にも変えられない価値がある 苦戦することも多いかもしれませんが、、人や地球への最大の貢献をしていること、誇りに思ってくださいね 

  • ブックマーク

小児科医の立場で感じていること

まずは、

いつも本当に「お疲れ様です!」という気持ちでいっぱいです。

私も子育てをする父でもあるのですが、汗をかいて連れていらっしゃるお父さんには、いつも心が熱くなります。

24時間、365日、休みなく、育児に向き合っているお母さんは、神がかっています。

そして、周りの助けが得られない中、孤独な中で、試行錯誤しながら、日々を過ごされている方も多く拝見します。

母・父のエネルギーは本当にすごいです。

そして、そんな姿をみて、もっと自分もしっかり子どもと向き合わねば、と思うばかりです。

もうひとつ、

喜怒哀楽がセットで子育てなので、感情的になることは、当たり前です。

だって人間ですから、泣いて、笑って、怒って、悲しんで、全てが、人間らしいのです。

特に、慣れない中、分からないことが多いので、疲れているときも多いと思います。

そんな時は、喜怒哀楽を全身で表現しましょうね。

人の力を借りる、手を抜く、愚痴る、ことも自然なこと、大丈夫です。

いつも頑張っている自分を、毎日褒めてあげてください!

ボクはお母さん、お父さんを本気ですごいと思っています。

いつも応援の気持ちを送っています!

なんといっても、地球の宝を育てているのですから、

だから、どうみても頑張っていますから!自分を褒めてあげてくださいね。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

こもこじ

7つの習慣をベースの仕事術(タスク管理、デジタル手帳術、Mac)、幸せな生き方、経営者の学び、子育て、生活の知恵、の情報発信行なっています。

普段は、小児医療、子育て支援を通して日本を元気にすること!!が使命で、地域のかかりつけ医として活動をしています。

また、幸せに生きる輪を広げるため、7つの習慣の実践会(R)を開催しています。

小児科医、経営者、7つの習慣実践会(R)認定ファシリテーター、ブロガー、仕事術、Mac派。

ストレングスファインダー:未来志向、成長促進、戦略性、達成欲、学習欲