【Mac初心者】MacでiCloudを活用する意義と使い方 〜iPhone、iPadとの違いを理解しましょう〜

  • ブックマーク

MacとiPhone(iPad)でiCloudの役割の違い

iPhone(iPad)はバックアップ(+同期)

iPhone(iPad)は、全てのデータをiCloudに完全バックアップをすることができます。例えば、機種を乗り換えたときに、iCloud経由で、そのまま新しいiPhone(iPad)にデータを移行することができます。

Macは「同期」が主たる機能(重要)

Macでは、iPhone、iPadのようなデータ全てをバックアップする機能はiCloudにはありません。あくまで端末間(iPhone、iPad、Mac間)で同期することが主な機能です。

しかし、この「同期」機能が、Apple製品のすごさであり、僕がMacに乗り換えた理由の一つでもあります。仕事が無茶苦茶はかどります。

Macデータをバックアップ保存する

先述したようにiCloudにMacのバックアップをするという概念がありません。

例えば、iCloud driveに「◯◯フォルダ」を作成します。

この場合、「◯◯フォルダ」をiCloudに保存したとも言えますが、iPhone(iPad)にも同じ「◯◯フォルダ」として同期されてもいます。

これは、iPadで「◯◯フォルダ」の「◯◯ファイル」を消去をすると、Macからも「◯◯ファイル」のデータは消えてなくなってしまいます

バックアップ保存の要素もあるのですが、同期の機能が強いと言えます。

・写真データ

・Ulysses

・Goodnotes5

・メモ

などなど

端末間で同期させて使用するととても便利で、これらアプリは無茶苦茶使用しています。

ただ、たとえば写真データがどこかの端末で消えてしまうリスクはあります。

このように、同期先で編集や消去をしてしまうリスクがあるため、万が一に備え、重要データのバックアップは別途しておくほうがよいと言えます。

Macのデータをバックアップする場合には、別途バックアップをする必要があります。

Time Machineでバックアップ

外付けHD(SSD)を接続し、Time Machineを稼働させておくだけです!とても簡単な操作なので行っておくとよいです。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201250

Dropboxにバックアップ保存

コストはかかってしまいますが、僕は2TBで契約し、仕事で使用しているファイルはすべて保存しています。

まとめ

MacでのiCloudの役割は一言で「同期」です。この同期があまりにも素晴らしくなくてはならない機能だと感じています。Windows時代はこのiCloud同期ありがたみは感じきれなかったです。

一方でバックアップ保存も常に考えておく必要はあります。僕はデータの保存はこだわっているので、Time MachineとDropboxの両方に保存しています。

皆様の参考になれば幸いです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

こもこじ

7つの習慣をベースの仕事術(タスク管理、デジタル手帳術、Mac)、幸せな生き方(セルフコーチング)、経営者の学び、子育て、生活の知恵、の情報発信行なっています。

普段は、小児医療、子育て支援を通して日本を元気にすること!!が使命で、地域のかかりつけ医として活動をしています。

また、幸せに生きる輪を広げるため、7つの習慣の実践会(R)を開催しています。

小児科医、経営者、7つの習慣実践会(R)認定ファシリテーター、ブロガー、仕事術、Mac派。

ストレングスファインダー:未来志向、成長促進、戦略性、達成欲、学習欲