【7つの習慣】 イライラ、不安で押しつぶされそうな時 セフル・パラダイムを見つめる練習で人生をHappyに変えらえれる

  • ブックマーク

『7つの習慣』 パラダイムとは(重要キーワード!)

パラダイムとは、物事の「見方」のことで、一人ひとり違う見方があるということです。

起きている事、モノそのものに、正解・不正解、あるいは意味がありません。

その人が「どう見るか」が、物事に対する解釈、私達の態度と行動を決めているのです。

例えば、同じ「コロナ渦」の現状を、私達がどう見るかで、気持ちも、行動も変えられるということでもあります。

なかなかアウトサイド・インにならずにもいられませんが、、

しかし、今の状況を変えたいならば、自分たちが変わらなくてはならない、すなわち、ものの見方(パラダイム)を変えなければ、望む方向には向かないのです。

『7つの習慣』の実践は、自らが上向きなパラダイムに変えて、自分の内面から変えていくことを決心することから始まります。

このあり方を「インサイド・アウト」といいます。

電車内で、わが子が大声で「泣きはじめ」ました!

同じ状況で、違うパラダイムを持つAさんと、Bさんを見てみましょう。

実話です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

こもこじ

小児科医、経営者、7つの習慣実践会(R)認定ファシリテーター、ブロガー、仕事術、Mac派。

小児医療、子育て支援を通して日本を元気にすること!!が使命で、地域のかかりつけ医として活動をしています。

また、幸せに生きる輪を広げるため、7つの習慣の実践会(R)を開催しています。

7つの習慣を軸に、仕事術(タスク管理、デジタル手帳術)、経営者としての学び、心のあり方(マインド)、日々の学び、の情報発信行なっています。