寒暖差が激しい時期の洋服の選び方 【厚着、薄着で失敗しない、悩まない】

  • ブックマーク

寒暖差が激しい時期は、薄着、厚着を選ぶのに悩みませんか?

寒暖差が激しい時期は、厚着、薄着のどちらにしたらよいか?

コートはそもそも持っていくべきか?と悩みませんか?

そして、結局、念のために持って行ったコートが邪魔になってしまった。子供たちの分も、、

あるいは、出かける時には蒸し暑いくらいだったので、なんとなく軽装で出かけてしまったのだけど、帰りには寒くて凍えそうになってしまった、、厚手のコートが必要だった、、と後悔も、、

時に、一人だけ的外れに軽装備にしすぎて、気恥ずかしいし、寒いし、、なんてことも経験があるかもしれません。

そして、そもそも、悩む時間がもったいない、、

気温(最低、最高)を把握すればよし。ちゃんと基準がある!!

気温(最高、最低)に合わせて、洋服を選ぶ基準があります。

その日の気温(最高、最低)をチェック→基準に合わせて、洋服を決定する!

ただこれだけです!

感覚的に選ぶと失敗してしまいます。

この基準は、洋服のプロから、気温と洋服選びのポイントを教えていただきました。それからは、洋服を選ぶ際に迷わなくなり、忙しい朝の時間帯に、洋服選びで迷うことが激減しました。

では、早速基準をお伝えします。

気温と洋服選びの基準

10℃未満:冬物コート

10℃~15℃:薄手のコート

15℃~20℃:ジャケット+シャツ or セーター

20℃~25℃:シャツ or セーター

※朝晩などはジャケット、上に羽織る物を着る

25℃~30℃:半袖

※朝晩などは上に羽織る物を着る

30℃以上:半袖

基本的には最高気温を目安にします。だだし、朝晩など冷え込む時間帯に長時間外にいる場合などは、最低気温も目安の1つにするとよいです。

洋服選びの簡単3ステップ

その日の気温チェックは、僕は愛用しているAppleWatchでチェックしています。

AppleWatchには最低・最高温度を表示させておくことができとても重宝します。

具体的には、

Step1 起床時(あるいは前日)に、その日の最高、最低気温を確認

例えば、今日は、最高19度、最低10度です。

Step2 今日一日の行動スタイルを考える

例えば、帰りが遅くなる予定→最低気温の環境(10度)を優先かな?と判断します。

Step3 洋服を決定

僕はどちらかというと寒がりなので、冬物のコートを持っていくことに決定します。

まとめ

この基準を知ってから、感覚的に判断し失敗することがなくなり、朝の忙しい時間帯に迷うことがなくなりました。これも生活の知恵、時短術の一つです。参考にしていただけたら嬉しいです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

こもこじ

小児科医、経営者、7つの習慣実践会(R)認定ファシリテーター、ブロガー。
医師として20年、小児医療に携わってきました。現在は、開業医として地域のかかりつけ医として活動し、特に小児科医として子育て、成長の支援に燃えています!ブログを通して、皆さんと明るい未来に向かって、一緒に成長しながら、幸せの輪を広げていきたいと思っています。ストレングスファインダー:未来志向、成長促進、戦略性、達成欲、学習欲。