困難な問題に直面した時、人生が苦しい時の対処法は? 書籍【7つの習慣】を【すぐに開く勇気】を持とう そこに必ず答えが見つかる

  • ブックマーク

私にとっての『7つの習慣』は、幸せな気持ちで、実りある、豊かな人生に向かうために、日々何を実践していけばよいのかを教えてくれる「手引書」です。

別の言い方をすると、人生の走り方を教えてくれる「運転マニュアル」です。そして、「教習所」=「7つの習慣(R)実践会」です。

楽しいこともあれば、辛いこともあるのが人生。ピンチはチャンス、辛いことは自分が成長するチャンス、とも書籍では述べられています。

困難やチャレンジが大きいほど、『7つの習慣』の意義が高まるとも書かれており、実際に大きな変化を遂げられている先輩方を拝見し、やらずにはいられません農場の法則が働きますから、一朝一夕にはいかないかもしれませんが、少しずつ変化していけるはずです。

でも、辛い時の渦中にいると、そうは思えない時もあります。『7つの習慣』なんて読んでられないし、読みたくないし、しかも書いてある内容が、今の自分に受け入れられない、痛みを感じ、避けたい、という気持ちにもなります。

それでも、幸せで豊かな気持ちで生きていくことを目標にするならば、『7つの習慣』を開いて、その時の問題に対する答えを見出し、今の自分に必要な行動を取っていくことで、確実に、上向きに変化していけていることを実感します。コツコツと素振り(筋トレ)をしていくことが大切だと感じます。

私はかっこよく生きることより、時に泥臭く、かっこ悪くみえても、自分の価値観やミッション(ボイス)に向かうほうが楽しいと思っています。

さて、勇気をもって、今の課題に対して、答えを見出すべく、書籍をパラパラしていきます!きちんと答えが書いてあります。原則に、立ち戻って自分を振り返ることができて、勇気がもらえます。

最近経験した、私の中のピンチの中で、書籍をパラパラしていて、以下の文章に出会いました。

書籍、P69, L6-9

・自分の価値観に従って生活すれば、あるべき自分を意識し、誠実、自制心、内面から得られる感覚を得て、充実し平安な気持ちに満たされる。

・他者の意見や他者との比較からではなく、自分の内面から自分自身を定義できる。

・正しいか間違っているかは他者が決めるのではなく、自分で判断できるようになるのである。

この時には、この文章が響き、そして、とにかく、この通り「そう考えて」やってみよう、、と思いました。

自己中心ではなく、相互依存のパラダイムを意識し、ミッション(ボイス)、原則に沿って、勇気を持って対応できました。もしかして、結果は同じだったかもしれませんが、大切なことは、良心の呵責がなく、スッキリ決断できたこと、その行動に後悔せずにすみました。

『7つの習慣』は実践を繰り返してこその本だと心から実感と感謝でした。

実践報告でした。
シェアありがとうございました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

こもこじ

小児科医、経営者、7つの習慣実践会(R)認定ファシリテーター、ブロガー。
医師として20年、小児医療に携わってきました。現在は、開業医として地域のかかりつけ医として活動し、特に小児科医として子育て、成長の支援に燃えています!ブログを通して、皆さんと明るい未来に向かって、一緒に成長しながら、幸せの輪を広げていきたいと思っています。ストレングスファインダー:未来志向、成長促進、戦略性、達成欲、学習欲。