【コロナ禍】でできること 自分の「幸せの基準」を持とう ポジティブ3行日記がおすすめ

  • ブックマーク

新型コロナの影響で、これまで当たり前だと思っていた生活が、当たり前でなくなり、とてつもなく深い闇の中に突入しています。

だからこそ、自分にとって「幸せの基準」を明確にする作業、努力が必要で、惜しんではいけないと思っています。

実は、自分の「幸せ」の基準を知らないことを自覚すること!

幸せってなんだろう、、と考え始めても、実は、自分でもよく分かっていないことに気づきました。うまく言語で説明できないのです。

充実?、やりがい?、家族?、どれ?すべて?、うーん。

幸せな感覚、ほっこりな経験は沢山あります。

でも、なぜ?何が?幸せなのか説明できないのです。

幸せって、直感的で、雰囲気なもの曖昧なもの、そんなものだろう、と思っていました。

実は「幸せの基準」は自分で見つけるもの。はっきりさせていく作業が必須!

幸せの基準は、自分にとって好きなこと、価値があると思うものを徹底的に模索して、見出していくものです。

誰かが与えてくれるものではなく、決して、幸せは勝手に向こうからやってきません!

繰り返し模索し、ワークをしていく中で、言語化され、具体化して、少しずつ「幸せの基準」が明確になっていくものです。

「幸せの基準」を持たないと、、

自分にとって、「幸せの基準」がはっきりしないまま、曖昧に生きてきていると、外部で何かイベントが起きると、判断する基準がないので、簡単に影響を受けてしまい、一気に不幸な気持ちになってしまうのだと思います。

自分にとっての幸せの基準をはっきりしておけば、環境が変化しても、外部の影響を受けないで、シビアな事象があっても、心まで奪われることは少なくなるだろうと思います。

多くの人は「幸せの基準」を作る作業をしたことがない!!

実は、多くの人にとって、「幸せの基準」を探す作業なんてしたことがないのでは?と思います。私もその一人でした。

幸せの探し方を教わっていないから、やったことがないので、「幸せの基準」を持っていないだけです。それは、これまで、たまたま、機会、チャンスがなかっただけのことです。だったら、今から取り組み、練習していけばよいのです。気付き、やると決めたときから始めればよいのです。是非、自分にとって「幸せの判断基準」を見つけていきましょう。

「幸せの基準」の作り方は?~ポジティブ3行日記がおすすめ!~

あなたにとっての「幸せ」を徹底的に探し、明確にしていきます。

私が取り組んでいることは、ポジティブ3行日記を毎日つける、ことです。
(※ポジティブ3行日記は樺沢紫苑先生から教わりました)

🔹寝る直前に書く
🔹ネガティブなことは書かない
🔹必ず3つ書く

この作業により、感覚的、雰囲気で感じていた幸せというものが、言語化されていきます。自分の幸せ基準が明確化し、具体的になっていきます。

・自分が幸せを感じる瞬間を知ることができる
・自分が楽しい瞬間を把握することができる

その中から、

・自分にとっての幸福の具体例が見えてくる
・自分にとって充実している状態が浮き彫りになってくる

毎日のプチ幸せ、プチ充実、プチ楽しいが、少しずつ、深堀りされていくことで、最終的には、自分の人生において「幸せに生きるとは?」、「充実して生きるとは?」が明確化していくことになります。

最後に

幸せの手に入れ方とは、他人から押し付けられるものではなく、他人をみて羨むものである必要もなく、自分にとっての唯一の「幸せの基準」を明確にする努力をことであり、それが、「幸せの追求」になると感じています。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

こもこじ

小児科医、経営者、7つの習慣実践会(R)認定ファシリテーター、ブロガー。
医師として20年、小児医療に携わってきました。現在は、開業医として地域のかかりつけ医として活動し、特に子育て、成長の支援に燃えています!ブログを通して、皆さんと明るい未来に向かって、一緒に成長しながら、幸せの輪を広げていきたいと思っています。ストレングスファインダー:未来志向、成長促進、戦略性、達成欲、学習欲。